※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

とりあえず感染してるか確認する手順(2000・XPユーザー)

【2009/5/17 10:00時点の情報です】

1. ウィンドウズキー(Windowsのマークのあるキー)を押しながらRキー を押す

2. 「ファイルを指定して実行」という画面が出てくるので、入力欄に
  「cmd.exe」(全部小文字で)と入力して「OK」ボタンを押す
 → 背景が黒いウィンドウが開いた場合3へ
 → 起動しない場合: 感染疑い濃厚感染してしまった時の対処方法

3. もう一度ウィンドウズキーを押しながらRキーを押す

4. 「ファイルを指定して実行」という画面が出てくるので、入力欄に
  「regedit.exe」(全部小文字で)と入力して「OK」ボタンを押す

 →「レジストリエディタ」というウィンドウが開いた場合5へ
 → 起動しない場合: 感染疑い濃厚感染してしまった時の対処方法

5. 「レジストリエディタ」はすぐにウィンドウを閉じる。
  コントロールパネルのフォルダオプションの
  「表示の登録されている拡張子は表示しない」のチェックが外れているか
  確認。外れていない場合は外す。

2000ユーザー
 C:¥WINDOWS¥system32¥sqlsodbc.chmが無いことを確認
 「エクスプローラ」でCドライブから
  WINDOWS→system32フォルダの中を探します
 ※sqlsodbc.hlp は存在するので注意
 ★インストールしているアプリケーション(某有名会計ソフト)によっては
  sqlsodbc.chm が自動作成されるようです
  その場合、XPのsqlsodbc.chmと同じMD5値になるようです

 → sqlsodbc.chmが無い、もしくはXPのMD5値と同一の場合6へ
 → XPとは値の違うsqlsodbc.chmがある場合: 感染疑い濃厚感染してしまった時の対処方法

XPユーザー
  背景が黒いウィンドウを選択。
  小文字で「dir C:¥WINDOWS¥system32¥sqlsodbc.chm」と入力してEnterキー
   ¥を全角にしてあるので、コピペせずすべて半角で手入力すること
  WindowsがCドライブ以外に入っている場合は適宜変更してください

   ※「ドライブCのボリュームラベルがありません
     C:\WINDOWS\system32のディレクトリファイルが見つかりません」
   と出た場合、「エクスプローラ」を使うなどして
   マイコンピュータからCドライブ→WINDOWS→
   system32フォルダの中から直接sqlsodbc.chmを探します

  1個のファイル 50,727バイト と表示されればOK → 6へ
   49.5kbyteと表示された場合、右クリック、プロパティで50,727byteかどうか見る
  ★それ以外の数値の場合は 感染の疑い濃厚感染してしまった時の対処方法

 念のためMD5値の確認も推奨
 ・ElleFileInfo
 http://www.vector.co.jp/soft/winnt/util/se297267.html
 を使い、CRC32,MD5,SHA1の情報を取得する。

 正常なsqlsodbc.chmは
 ファイルサイズ:50,727バイト
 CRC32:B61C7A80
 MD5:F639AFDE02547603A3D3930EE4BF8C12
 SHA-1:FBDD32ED13D27E4102621E1067FDF3634F33B2C3

6. 以下のウイルス対策ソフトを導入するか、オンラインスキャンする
 ・Kaspersky
 ・ニフティオンラインスキャン
  http://www.nifty.com/security/vcheck/?mid=601287&lid=20
 ・avast!
 ・ウイルスバスタ2009
※使用したアンチウィルスソフトによって、検出された場合のウィルス名称に
 差異があります。
 例:avast! での検出名 JS:Redirector-H* (*は数字)
 など
※現在上記検索にもひっかからない亜種が出てきているため、絶対とは限りません
また、SymantecでもKasperskyでも、オンラインスキャンでは感染していることが
わからないようだ、という報告も出ています。 【2009/5/17 23:29】