オルガフロウ

DARKエネミー
ボス・EP2・海底プラント
パイオニア2到着より以前に覚醒直後のダークファルスと戦い、辛くも勝利を収めたヒースクリフ=フロウウェンだったが、
戦いで負った傷にD因子が感染してエネミー化が始まる。
この事件がきっかけで元よりパイオニア計画に懐疑的だったフロウウェンはついに確信し、
「パイオニア計画の完全中止」を条件にガルダ=バルのラボに「実験体」としてその身を捧げたが、
オスト博士の計略により計画はそのまま続行され、フロウウェンはそのまま単なる実験材料として隔離されてしまう。

その後、フロウウェンが倒したダークファルスの幼体〈プロト・ファルス〉の肉体に、
傷口からD細胞の浸食の進んだフロウウェン自身とパイオニア1に搭載されていた3つの超高性能AIの1つである「オル・ガ」が埋め込まれ、
事実上の人工ダークファルスが誕生する。

しかし高性能AIを持ってしても人工ダークファルスの制御は上手くいかず、暴走したフロウウェンはガル=ダ=バル地下深くの廃棄場に放棄されてしまった。
この結果に悲嘆したオスト博士は、別進行させていた繭計画も放棄し、少数の研究者を引き連れて失踪する(制御塔管理者デルタ談)。

それでもフロウウェンは驚異的な生命力で生き続け、ダークファルスがレッドリング・リコに取り付いて完全覚醒したのに共振して、
ガル=ダ=バル島の人間を吸収し、フロウウェンはもう一つのダークファルスとして完成され、同時に自我はほとんど失われてしまった。
しかし極わずかに残った最後の理性でパイオニア2に連絡を送り、自らと、その元凶を討てる「到来者」を待つ。
が、彼の意思とは関係なく、廃棄場に到達したハンターズに巨剣を振り下ろし命を狙ってくる。

なお、スペシャルウェポンである「赤の~」武器で最後の一撃を与えると、もしくは「リコの~」装備をしていると、
倒してから再びボス部屋へと行けば、フロウウェンの姿を見ることができる。近づくと消えてしまう。

ボスとしては2段階あり、第一段階では自由落下するエレベーター内で戦う。デ・ロル・レ戦同様当然制限時間はないのでじっくり戦って良い。

おもにエレベーター周辺から剣や銃で攻撃してくるため、ハンターであってもハンドガンやマシンガンなどの飛び道具がないと、攻撃するのは難しいだろう。

攻撃パターンとしてはレーザービーム(一定時間一定面積を攻撃する、HPが徐々に削られる)、拡散ビーム(こちらは一挙にダメージを食らう。HPが多いと多段ヒットする)、
剣による攻撃、波動などがある。

倒すと最下部へと落下していき、光の玉に触れると第二形態戦が始まる。

攻撃はおもに波動と天罰である。とくに天罰は最強クラスの攻撃力であり、直撃すればオンラインアルティメットではHPが2000以上でも即死する。天罰攻撃は離れていればダメージが減衰し、更に離れると当たらなくなる。撃ってくるときにチャージするため兆候があったらすかさず逃げ出そう。

ほかにもガエル、ギエルもおり、DFのダーハントに相当するものをばらまいてくる。こいつを倒しておくと天罰の威力が減衰するなどするようだが、しばらくすると復活する。

なおある程度ダメージを与えるとDF同様に憑依攻撃をしてくるが、この時点で弱点を付けば憑依されたプレイヤーにダメージを与えずに攻撃することができる。

とくに武器の場合は4属性のうち1つでも弱点の属性に属性がついていればダメージが与えられるため、可能ならば全ての属性に属性のついた武器をひと通り持っておくと良い。
テクニックの場合、闇属性が弱点にならない限りは何か1つはダメージがあたえられるはず。

BBにてアイテムドロップが追加された。


データ
GC/X-BOX/BB
難易度 HP 攻撃力 防御力 命中 回避 炎耐性 氷耐性 雷耐性 光耐性 闇耐性 EX耐性 経験値



主なドロップアイテム