黒崎一誠 > 仮面ライダーコーカサス

「薔薇の花言葉は愛…愛と共に散りたまえ」

【名前】 黒崎一誠
【読み方】 くろさきいっせい
【声/俳優】 武蔵
中田譲治(ゲーム版の声優)
丹野宜政(超・電王トリロジー)
【登場作品】 劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE
劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド NEOジェネレーションズ 鬼ヶ島の戦艦
仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー
【分類】 人間/仮面ライダー
【変身】 仮面ライダーコーカサス
【モチーフ】 コーカサスオオカブト

【劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE】

ZECT本部直属の用心棒的存在。屈強な肉体を持つ寡黙かつ優雅な男。
仮面ライダーケタロスこと大和をはじめとする実働部隊には同行せず、陸または三島からの本部直轄指令で行動する。

自身が倒した相手に青い薔薇を手向けるという独自の美学を持ち、セリフも上記の他に 「私の薔薇に彩りを加えましょう。裏切り者の赤い血と屈辱の涙を…」 「薔薇が見つめてくれるのは最も強い者だけ」 と言ったように薔薇に関するものが多い。

「天空の梯子計画」に関わった人間の死の背後に見え隠れする「黄金のライダー」と呼ばれる存在で、その強さは「彼と戦う者は、戦う前にすでに敗北している」と囁かれるほど。
陸や三島を除くZECTメンバーの中で唯一「天空の梯子計画」の本来の意図を知っているが、最強という事を追求しており、人類やワームの運命については関係ないと明言する。

隕石落下を止めるため衛星に乗り込んできたカブトとガタックの前に現れ変身。
ハイパーゼクターを使ったハイパークロックアップでカブトやガタックを圧倒しハイパーキックでカブトに止めをさそうとしたがガタックが寸前でカブトを庇い失敗に終わる。
その一瞬の隙をつかれハイパーゼクターをカブトに奪われ、宇宙空間に追放されてしまう。

後に邪魔をした加賀美に怒り、瀕死の彼が乗る脱出ポッドの一部分の窓を破壊し彼の命を一度は奪ったがハイパーカブトとなり、ハイパークロックアップを発動した事で阻止される。
最期はカブトハイパーフォームのハイパーライダーキックを受け吹き飛ばされ、シャトルもろとも爆散した。

【劇場版 超・仮面ライダー電王&ディケイド NEOジェネレーションズ 鬼ヶ島の戦艦】

ディエンドに召喚される形で登場。キンタロスが憑依した。

【仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジー】

『EPISODE YELLOW お宝DEエンド・パイレーツ』にてディエンドに召喚された。

【余談】

変身ポーズは演じる武蔵氏が空手の型(演武)の形をモチーフに考えたもの。
武蔵氏は出演当時はそれなりの成績を持ち、日本最強の格闘家としての出演だったが、その後は成績が伸び悩んで引退した。

放送時に発売されたPS2専用ソフトの『仮面ライダーカブト』ではバスターモードの中盤に登場。俳優が空手家であるためか、徒手空拳による強攻撃が多い。
「カブトルート(カブトを使用キャラにして進行する1人プレイ)」のステージ9で敵として登場したときは、味方にガタックがついた状態で優位に進めるが、「ライダールート(各ステージごとに決められたライダーでプレイする)」のステージ9で使用キャラとなった時は逆に1対2となるため苦戦を強いられる。最大の特徴は、やはりクロックアップ中のキャラクターも停滞させてしまう「ハイパークロックアップ」(他にハイパーカブト、ハイパーガタックが使用する)。