カニレーザー

「カァーバラァー!」

【名前】 カニレーザー
【読み方】 かにれーざー
【声】 沢りつお(V3)
奥田達士(スーパーヒーロー大戦)
【登場作品】 仮面ライダーV3
仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦
【登場話(V3)】 第30話「ドクトル・ゲー!悪魔の正体は?」
【所属】 デストロン(V3)
大ショッカー(スーパーヒーロー大戦)
【分類】 機械合成怪人(V3)
大ショッカー怪人(スーパーヒーロー大戦)
【生物モチーフ】 カニサソリ
【器物モチーフ】 レーザー砲

【詳細】

カニとレーザー砲が組み合わさった機械合成怪人。ドクトルGのもう1つの姿。

【仮面ライダーV3】

デストロン最後の機械合成怪人。

頭部のカニに装備されたレーザー砲の他、斧と盾などを武器とし、レーザー発射の際に周囲を暗闇にする事ができる。

度重なる作戦の失敗で後がなくなったドクトルGが自身に対しての強化儀式を行い、V3に最後の戦いを挑む最中に変貌する。
V3きりもみ反転キックを受け敗北し、最期はドクトルGの姿に戻って爆散した。

【仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦】

大ショッカーの怪人。原典と同様、ドクトルGのもう1つの姿。

全方位に強力なレーザー光線を発車する能力を持ち、ライダーを苦戦させるが、3人のカードを使用するライダー(ディケイド、龍騎、ブレイド)がゴセイジャーから授かったリフレクション系のゴセイカードを発動。
その能力でレーザーを反射され怯んだ隙に、最期はそれぞれの必殺技(ドラゴンライダーキック、ライトニングブラスト、ディメンションキック)を同時に受け爆散した。

その後、元の姿に戻った鳴滝は次元の壁で別の世界に逃走した。

【余談】

原典での口癖は上記の鳴き声だが、『スーパーヒーロー大戦』では「カニカニ」。

ドクトルGの兜は元々サソリをイメージし、原典ではカニとサソリを合わせたような姿だが、『スーパーヒーロー大戦』ではカニを全面的に意識したデザインになっている。