石川


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

主な国内車輌メーカー



海外の車輌メーカー

…英語がわかる人、がんばって訳してください


参考HP




これからの近郊車両は何を目指すべきなのか。


上位概念

  • 「人」に、「街」に、「地球」に、あったかい車両へ(仮)
or
  • 「人」に、「街」に、「地球」に、「美しい車両」へ(仮)

下位概念(上位概念を達成するための四つの具体的施策)


  • 快適性の向上(仮)
⇒首都圏では着席サービスに重点を置いている(例、ライナー)
…着席することが快適性の向上につながるのか?
…混雑率の緩和
…座るだけでなく+αの必要があるのでは?
…魅力度の向上(※注)

  • バリアフリー(誰でも使いやすい車両)
⇒超高齢化社会の到来、誰もが使いやすい鉄道に
…優先席は必要か?なぜ優先席は横のいすが多いのか?

  • エコ
⇒「エコトレイン」の発想
…「従来の十分の一の電力で走っています」。鉄道>車
しかし、あまり効果的に伝わっていないのでは?
その事実を伝えるべく、車両メーカーとして、顧客となる鉄道会社や、車両利用者へのプロモーション方法

  • 地域貢献(ソフト面での提案)
⇒鉄道は「人」と「町」を繋ぐ
「鉄道車両」は「人」と「町」を繋ぐ場であるべき
…液晶モニターでの地域情報提供
…誰もが楽に移動できる→容易な移動の提供→地域貢献





魅力度の分析(奈良さんの提案)


鉄道を利用することが持つ「魅力」を車よりも高めれば、多くの人が車利用ではなく鉄道利用にシフトするのでは?

ではそもそも人は何に魅力を感じるのか?

横線と縦線にそれぞれの指標を設定し、鉄道の現在の位置づけと車の現在の位置づけ、鉄道の目指すべき位置を示す。

それでは何を指標にとるのか?

募集します。ただ、車の強み弱みや列車の強み弱みなど、今まで上がっているものを抽象化すればこれは出てくるかと思います。