SWOT


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

間に合った(笑)。

以下、SWOTです。ただし、図表は入らなかったので、図表も付いているので本物を見たければヤフーのブリーフケース(http://briefcase.yahoo.co.jp/)の「SWOT分析(石川)」ファイルを見てください。先生にはヤフーのやつを提出(見せて)下さい。(ID:ycu109syaryo,Password:109ycu)です。


鉄道利用のSWOT分析

SWOT分析は、内部環境における「強みと弱み」および外部環境における「機会と脅威」という組み合わせで経営環境を分析するフレームワークのことである。このSWOT分析を通して、鉄道利用の「強み・機会」を活かし「弱み・脅威」を明らかにし、これらを克服することのできるような車両とは何かを導出していく。


 上記の表から、以下、<外部要因><内部要因>に分けて分析する。

<内部要因>
 鉄道利用の強みの最たるものが、「移動時間の正確性」と、移動中の時間を活用することができる、ということであり、この点は競合である「自動車利用」にはない点である。事故・トラブルによる遅延が発生することもあるが、これは各鉄道会社が行っている「振り替え輸送」などの制度で補うことができるであろう。
そして、一度に多くの人を運ぶことができるため、効率よく多くの人を運ぶことができる。しかし、時間帯によって利用客数に大きな差がでてきている。また、燃料費・駐車場が不要であることも強みの一つであるが、列車内はあくまで「公の空間」であるため、「自動車利用」のような「自己の空間」ではないことが弱みのひとつでもある。

<外部要因>
 最近落ち着きつつあるものの、原油の価格は依然として高い水準で推移している。これは「自動車利用」に対する脅威であり、「鉄道利用」の強みに挙げた「燃料が不要である」という点において、追い風になるものである。さらに、飲酒運転の厳罰化は、飲酒をした人々の鉄道利用を促すといった点で、「鉄道利用」への影響はプラスへと働くと考えられる。また、近年の「駅ナカ」施設の整備は「鉄道利用」の利便性を向上させているといえる。
 一方で、鉄道各社が顧客の利便性確保のため路線の相互乗り入れを増価させた影響で、故障や事故などによる遅延が、広範囲に広がりやすくなっている。さらに、道路整備の進展や、自動車の性能向上が進んでおり、これも「鉄道利用」に対する脅威である。また、少子化・高齢化が進んでいるが、このことにより、長い目で見て顧客数が先細りすることが考えられる。 

 以上のことから、次の四つのことが言える。

一つ目は、「鉄道利用」の顧客数には朝・夕の通勤時間帯と昼間の時間帯に大きな差があり、それぞれを分けるべきであるということである。朝・夕の通勤時間帯は、顧客の絶対数が多い中で通勤の苦痛を和らげること、また、昼間の時間帯は比較的空いている時間帯に、鉄道利用の付加価値を与えていくことが重要となるといえる。
 二つ目は、「鉄道利用」の効率性をPRことが必要であるということである。燃油を使わず多くに人を一度に運ぶ鉄道は輸送効率が高く、地球環境にもやさしいといえる。しかし、あまりその点のPRが行われておらず、PRを積極的に行ってくことが必要であるといえる。
 三つ目は、乗客の利便性をさらに向上いくことである。現在、鉄道駅には「駅ナカ」事業という、駅の中に商業施設を集積させるといった動きがある。それはすなわち、「鉄道利用者」が駅および駅周辺における買い物をする大きな機会を与えていることといえる。そのため、今後は荷物を持った人でも利用しやすいような車両が求められていくであろう。
 四つ目は、バリアフリー化を進めていくことである。少子化・高齢化の進んでいく中で、子供も高齢者も使いやすくわかりやすい鉄道車両が求められていくことは、必然であるといえるだろう。また、高齢者は自動車を運転する際の交通事故発生率が非常に高い。そのため、逆に考えると、高齢者の「鉄道利用」を増やすことによって交通事故件数を減らすことができるかもしれない。そのためには高齢者が利用しやすい鉄道車両が求められる。

以上のことが、これからの近郊車両に必要であるといえるだろう。



帰って来たKOREA!!!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
SWOTの機会の中にある「駅ナカ」は電車に対するメリットが見えないという話がチラホラ。