勇者王ガオガイガー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 1997年2月1日 ~ 1998年1月31日放映(名古屋テレビ系) 全49話
  • 初参戦スパロボ:第2次スーパーロボット大戦α(2003年)

概要

勇者シリーズ(第8作)最終作にして唯一SRWシリーズに参戦している勇者である。後の同監督作品である『ベターマン』と世界観を共有している。
2000年に続編OVAとして『勇者王ガオガイガーFINAL』が製作された。


作者1人の(個人的)感想

(無駄に)熱い勇者達の物語である。
勇者といっても近年定番の魔王を倒して世界を救うといったものでは無く(それに近い部分も若干あるが・・・)主に死をも恐れぬ勇気を持って立ち向かう者を勇者として描くことによって、真の勇気とは何か、ということを訴える作品である。また環境問題もテーマに入れているところも見逃せない部分である。

…といいたいとこだが実際は勇気と無謀を吐き違えたアホな人々のくだらない物語である。
合体の成功率は某人造人間並に低いというのに勇気で補えばよいと非論理的にも程がある命令を出す司令官
声だけしか魅力の無い主人公
7歳の分際で彼女のいる異星人
お前はドラ○もんか!?と訴えたくなるくらい毎回毎回勝利の鍵と称する便利ツールを作り出す博士&研究員

まともな人にとっては見るに耐えない作品であるが、漢回路が廻っている人にとってはこの上ない最高の作品となること間違い無しだろう。
ここまで書いておいてなんだが私もこの作品は大好きである。

ゲーム中での当作品の扱い

基本原作設定である。
初回登場時(外伝4話)が作者の一人の処女作であったため他者からインスパイアしたデモが流れる。
それから忘れたかのように出番が無くなり18話、24話でスポット参戦するのみである。一応24話は当作品が主流の話であるが。
完全な参戦はいつになることやら・・・

主な登場人物


各種データ