新機動戦機ガンダムW


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 1995年4月7日 ~ 1996年3月29日放映(テレビ朝日) 全49話
  • 初参戦スパロボ:新スーパーロボット大戦(1996年)

概要

キャラクターにビジュアルな要素を盛り込み、女子によるキャラクター人気が特徴の作品。
独自に戦争論を唱えるなどさらにキャラクターに深みを入れた。
概ねストーリーは5人のガンダムパイロットと、敵対する2人の人物に描写され、ガンダムWという世界観でどう生きていくかが焦点となる。
本作は米国や欧州以外でも国際的に放映された。


作者1人の(個人的)感想

作者がオタクの道に逸れるトリガーとなった恐るべき作品。
当時はガンダムが強すぎて、ただセコいロボットアニメと言う印象が強かったが、あるキャラクターに完全にやられる。(このキャラについての記述はここでは自重するが・・・)
実はガンダムと言う存在が、非常に酷な扱いを受けてる作品。主役のウイングなんて、まともに活躍してる姿がない。
ガンダム達が本格的に活躍するのは冒頭と終盤のみで、前半5機の内4機は自爆したり大破。
そういうところも改めてみると面白いかもしれん。

私はこのガンダムから入ったが、未だにこの作品を超えるガンダム作品はないと思っている。
すまん、悪いところたくさんあるけど書けないや☆


ゲーム中での当作品の扱い

基本的に原作設定。
ただ、ガンダムというMSが大量に存在するため、ちょっと特殊な装備のMSを積んだ単独戦闘用MSという感じになっている。
扱い的には各スーパーロボット大戦でのものと大差はない。
まぁ、愛補正がかかるのでその辺はご勘弁を。


主な登場人物


各種データ