綾波レイ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

綾波レイ (Rei Ayanami)


登場作品新世紀エヴァンゲリオン

種族:地球人(碇ユイのクローン)

性別:女

所属:特務機関NERV

職業:中学2年生、エヴァンゲリオンの操縦(ファーストチルドレン)、俺の嫁

身長:141cm

髪色:金春色

瞳色:真紅

特徴:無口


EVA零号機(改)のパイロット。
過去の経歴は一切不明。
登場した際は零号機の起動実験中に事故に遭い、重傷を負っていた。
色素の薄い水色のショートヘアと、赤い瞳、透き通るような白い肌が特徴。

寡黙でめったに口を開かず、感情表現も乏しいが、シンジらと行動を共にするうちに、次第に人間らしい部分を見せるようになる。普段は人気のないマンションに住んでおり、生活能力は極めて乏しく、人間的な生活感を全く見せない。
彼女自身は自炊もしないが、食べるシーンは屋台の「ニンニクラーメンのチャーシュー抜き(なんと現実に商品化もされている)」。他は発作を抑えるための錠剤を呑む。

その正体は、ゲンドウの妻、碇ユイのクローンの肉体に、サルベージされたリリスの魂が入れられた存在。
セントラルドグマ?に彼女のスペアが多数存在しているが、ストーリー終盤にて赤木リツコの手で全てが破壊された。

碇ゲンドウには好意を持っていたが、第16使徒アルミサエルとの戦いで自爆後三人目となったことでリセットが生じ、彼の願いを叶える為だけの道具として利用されることを悟ったため、自らの意思で最終的に彼を裏切る。その際にゲンドウの持つアダムを取り込み、リリスとの融合を果たし、彼の息子であるシンジのもとへと向かう。

その絶大な人気からアニメのヒロイン像を新たに開拓し、業界に震撼を起こした。
またTV版では可能性世界の一つとして、パンをくわえながら走ってシンジにぶつかるという、TV版放映時の時点でも「ベタ」なキャラクター(作中の本人とは全く真逆のキャラで、ファンの間の通称は「リナレイ」)を見せた事もあった。



本作品での扱い

基本的に原作設定。
参戦して間もないことに加え彼女自身が無口キャラであるため中々他者との絡みは見られない。しかし作者の一人が人生において最も好きなキャラ出るため今後間違い無く暴走するであろう。
能力的には少々弱くSRWらしい能力値である。
oddようにチートしてフル改造するならともかく普通に使っていたら間違い無く2軍落ちしそうである。


個人的見解

「彼女がいなければ人生に喜びは見いだせなかったに違いない」
と世迷言をほざかせるほど愛しているキャラあり、私が棺桶に入る時は何があっても彼女と一緒ではないとならないと決めている。
これは私だけの見解ではなくエヴァ世代の男性の約6割がそう思っているに違いない。
それほど彼女のインパクトは強く後の作品に登場するあらゆる無口、水色ヘアーのキャラの源流は彼女である程である。また某有名音楽グループの一人が自分以上の信者であり神がかった歌詞の歌を発表したのを知った時は腰が抜けるかと思った。
ちなみに最近流行っているブルーレイは彼女の名前からとられていることはあまり知られていない事実である。(民明書房刊「綾波レイはみんなの嫁」より抜粋)
『ニンニクラーメン、チャーシュー抜き』



本作品での主な行動



未回収伏線




名台詞

  • 「あなたは死なないわ…私が守るもの」
 ヤシマ作戦前にシンジに言った台詞。本作品ではまだ戦闘時のサポートガード時しか言わない。

パイロットデータ

基本能力

パラメータ 数値 評価
格闘 132 C
射撃 140 B
命中 148 C
回避 138 C
技量 159 B
反応 160 A
合計 887 B


精神コマンド

精神コマンド 習得レベル 消費SP
自爆 1 1
集中 4 15
ひらめき 9 15
みがわり 12 10
復活 24 50
40 60

綾波レイ
レイ,女性,エヴァンゲリオン,AAAA,190
特殊能力
同調率=シンクロ率,1
切り払いLv1,14,Lv2,30
援護攻撃Lv1,1,Lv2,23,Lv3,38
援護防御Lv1,1,Lv2,13,Lv3,28,Lv4,35
132,140,148,138,159,160,普通
SP,50,自爆,1,集中,4,ひらめき,9,みがわり,12,復活,24,魂,40
\EVA\EVA_AyanamiRei.bmp,DECISIVE BATTLE.mp3