五節 忠誠と野心30


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「あなたの噂はセシル殿より伺っております」
今まで口を閉じていたヤン言う。
「セシルだと! ということは!」
「ええ……此処に来ています……」
「何処だ!」
慌ただしく、ヤンの後ろへ目を這わすシド。
「今は城の別の所にいます……」
「本当なのだろうな!」
「はい……証明することはできませんが……」
シドは目前の男をまじまじと観察した。その後。頭の中で少し考えこう言った。
「分かったよ。お前さん達を信じるよ。なかなか礼儀はわきまえとるようだからな」
それだけで断定するには早計かもしれないが、シドにはこの二人が自分を悪いように扱うようには
思えなかった。
セシルが当てにする理由も何となくだが、分かった。
「それと儂以外にも、牢に捕まっとるものが沢山いる。そいつらも助けてやってくれんか?」
「はい……そちらの方は既に終わっています」
「ほう……なかなかの手際の良さじゃな……どうじゃ、私の弟子になるつもりはないか」
弟子というのはもちろん飛空挺技師としてだ。
「遠慮しておきます。私は元々モンク僧という身。武を重んじ、日々の鍛錬に励む身です。
それに私はお国柄上機械に触れた事が滅多に無く……その機械オンチなんです」
やや恥ずかしがったかのような告白を、ヤンが言うのは初対面のシドでも可笑しく思えた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。