五節 忠誠と野心34


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ベイガンがいるから大丈夫だと……」
自分で言った言葉に自分で驚く事となった。
やはり自分の不安は的中したのだと。もっと強引に引き留めておくべきだったのだ。
「そのベイガンという男だ。儂を此処に閉じこめるように王に提案したのは……軽く承諾した
王も王であるが、奴はバロンの兵士達の中でも、最近の王の考えに同調していたものだ」
「では……」
テラも気づいたのか、声を潜める。
「それも恐怖心から来るものでは無い。本心から今の体制に賛同しているその姿はまるで何かに
心酔しているかのようなのだ……そんな男が王の元に易々案内するとは考えられない。それに……」
「セシル殿は一度、国を追われている。そんな人物なら尚更、ベイガンの行動に違和感が出てくると
言うわけですか……」
最後はヤンが引き継いで言う。そして更に続ける。
「しかも、セシル殿は完全にその男を信頼しきっていました……あれでは」
何か妖しい部分があっても、気づかない可能性がある。そう思った。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。