三節 光を求めて28


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

リディアの手の中には、確かなぬくもりがあった。
 哀しくて哀しくて仕方なかった自分のために、アンナが最後の最後に残してくれた、微かな、されど確かな感触。
 あの優しいひとは、ギルバートを愛して、ギルバートのために死んだのだから。
 ギルバートは、ちゃんとあのひとために、あのひとの愛に応えなきゃならないはずだとリディアは思う。
「そうさ……君の言うとおり、僕は弱虫さ! だからずっとこうしてアンナのそばにいるんだ!」
 しかし幼い少女にすらこう言われたことがさらにギルバートを自棄にしてしまったのか、もう何もかもどうでもいいんだと彼は訴える。
「な……、あたしだって……!!」
 怒りに言葉を詰まらせながら、それでも反論しようとするリディア。しかしそれよりも先に、ふたりのやりとりを聞いていたセシルがギルバートの頬を殴りつけていた。
 リディアが目を丸くしてセシルをみる。セシルはギルバートの胸ぐらをつかんで自分の正面に彼の体を向けさせた。
「悲しい思いをしているのは君ひとりだけじゃないんだぞ! 何よりそんなことをしていて、アンナが喜ぶと思っているのか!!」
 ギルバートはうなだれる。この暗黒騎士の言うことは正論だ。全くの正論だ。だからと言って、これから自分はなにを為せばいいというのだろう?
 そんな彼に、セシルは続けた。
「助けてほしい人がいるんだ」
「助ける? 僕が?」
「光熱病に倒れている仲間を助けるために、君の力を貸してほしい」
「光熱病……、砂漠の光だね」
「そうだ、ローザを助けるために、……僕の大事な人を救うために、どうしても君の力が必要なんだ……頼む!」
 大事な人を、救う。そんなセシルの明確な願いを前に、ギルバートの瞳にしっかりとした意志の光が灯る。
 自分には、もう何もないとギルバートは思う。だけど、そんな考えは間違っていると知った。
 アンナは自身の生命と引き替えに、僕という大事な人を救ってくれたのだ。アンナだけではない。父母も、兵士たちも、みんな自分を守るために死んでいった。
 そしてギルバートはここに生きて、居る。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。