五節 忠誠と野心44


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「今助けるぜ!」
だんだんと体力を奪われていく最中、後方で声が上がった。
威勢良く答えたのは、当然ながらパロムだ。見てはいられなかったのだろう。
後ろを向ける状況ではないので詳しく確認をとる事はできぬが、どうやら魔法の詠唱に入ったようだ。
すまない……
そう心で感謝しつつ、セシルは一つの疑問に駆られた。
ベイガンは気づいていないのか?
あれだけ助けると代々的に宣言したのに、それを聞いていなかったのだろうか?
パロムも反撃覚悟での攻撃のはずであろうし。
此方の攻撃に専念するあまりに自我を失いかけているのか。
そんなに都合良くは、第一周到なベイガンに限り……
散在した思考を打ち砕くかのように、魔法の完成を告げたかのような轟音が鳴る。
完成を見た、ファイアの魔法はその火球状になり指定したもの目がけて飛ぶ。
やはり避けない。
何故か、すぐそこまで迫っているのに。その魔法自体が存在しないかのように、ベイガンは
振る舞っている。
可笑しくなったか!
これを機会と思い、咄嗟に後方へと飛びつつ、セシルは思った。
再度、地面へと着地した頃合い、ついに目前へと迫った火球は周囲を赤く染め、ベイガンへと
一直線に――
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。