五節 忠誠と野心48


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「テラ様……」
ポロムが心配そうに話してくる。
「何……心配するな。それよりも良く見ておけ。魔法にはあらゆる使い方がある……」
「ですが……」
まだ心配なのか、更に何かを言おうとしたポロムを一つの手が遮った。
「パロム! 怪我は……」
「ああ、大丈夫さ。それより、爺ちゃんには何か……あの魔法の弱点を知っているみたいだぜ……見せてもらおうじゃん」
ポロムは安静にしておけといった忠告をしたかったのだろうが、そんな事はこの弟を縛り付けるには全く持って
効果を示さない。
「楽しみだぜえ……そう思わねえか?」
目を輝かせ、此方を見るパロムに感化された訳ではないが、ポロムも確かにこの状況。魔術師を無力化してしまった
状況でどうやってテラが何をするかが気になっていた。
「そうね」
控えめにポロムは頷いた。


「パロム。少し手伝えるか?」
そう言ってテラが振り返る。
無言で頷く。彼には拒否する理由が無かった。
パロムにはこれからテラが何をするか。その事に興味を完全にひかれていた。ポロムも同感であった。
「では……少し魔法をかけさせてもらう」
詠唱に入るテラ。
平常時ならば、何の呪文をかけるんだ? とか疑問を漏らしそうではあるが、今回に限っては
黙ってテラの行動を待っている。
「よし!」
かけ声がする。呪文が完成したのだろう。
しばらくすると、緑色の円形状の障壁がパロムの前に現れた。
それは最初こそは、光り輝いていたが、少しの時間をいて、すっと消えてしまった。
「これは……リフレク。爺ちゃんも使えたのか!」
「ですが……」
どちらかというよりも、驚きというよりも疑問が二人を支配していた。
リフレクは、かけられた対象者の近づく魔法を関知し、瞬時に障壁を展開する。
そして、先程のパロムのように、詠唱者へと跳ね返ってくる。
なお、跳ね返る相手は、別に詠唱者だけでなく近くにいるものの可能性もある、集団で
戦闘を展開する際には時には仲間さえも傷つけてしまうケースさえもあるのだ。
更に不思議な事に、この障壁は普通の打撃には全く反応しない。その時には、直接視野で確認する事も
できないのだ。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。