変わる世界 交錯する言葉21


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

駆ける足音と共にセシルの脳裏を巡るものはただ一つしかない。
過去、現在、そして未来――それもそう遠くないもの。
その内容には思い出したくもない程の苦しい時もあったし、いつまでも心の内に留めて
おきたい位の至福の瞬間もあった。
どれもが大切な時間。どれもが消せない時間……どれもが戻せない時間。
そして…反芻される全ての思い出は振り返っても振り返っても、何処にでも彼はいた。

そう――「彼女」も――

いつ間にか追尾しているはずのガードロボットの猛攻は止んでいた。
どうやら「彼」の目的からしても此処でセシルを始末する事は「予定」にはないのだろう。
見れば、随分と遠くまで来たらしい。
迷路のような通路を見渡せども、テラ達の姿は何所にもない。
「無事であればいいが……」
思わず一人ごちた。セシルにとってテラ達は大切な仲間であり、常に頼りにしてきた存在だ。
なので、セシル一人が抜けた所で、たとえ別の追手がやってきたとしても大丈夫であろう。
前衛要因を取って見てもシドとヤンがいる。みすみすやられてしまう訳がないだろう。
シドの強面ながら陽気な笑顔が思い出され、思わず微笑が零れおちる。
「だけど……」
ヤンやシドについては安心はしているし、信頼もしている。
だがテラの事だけは気がかりだった。
別にテラだけを信頼していないとかそういう事ではない。ただ、テラが戦いに身を投じる理由――言うなれば復讐だ。
その為になら今のテラは何でもするであろう。たとえ自分の身を案じない捨て身の行動であろうと……
目的や自分の確立の為には手段を問わない。それはまるで――昔<暗黒騎士>の自分でもあり、ゴルベーザに操られた
ベイガンでもあり、今の「彼」もそうなのだろうか?
ミシディアの長老も今のテラを危惧していた。ミシディアを発つ際にも、旧友としての心配と共に念を押されていた。
誰にだって黒き感情はあるだろう。時にはそれが増幅し、止められなくなる時もあるだろう。
だけど……それを抑える事が出来なくなった時、人は自らの意識すらも分らなくなり、あらぬ方向へと闇を走らせるのかも
しれない。渦巻く悪意はやがて、周囲の似た意識と同調し次々に勢力を増していく……
壮言大語すぎるかもしれない……曲がりなりにも試練に打ち勝ち、パラディンとしての道を開いた自分にならばねじ曲がる
感情を正す事が出来るのか? それがパラディンになりしものの使命なのかもしれない。
「今はあの二人にまかせるしかない……」
頼んだぞ……
セシルは年配の仲間二人に心で懇願すると前を向いた。
「今はこの迷宮を抜け出すしかない」
ゾットの複雑怪奇な道筋の中でも、セシルの心は迷う事はなかった。
ゴールはもう近い。いつから始まったのかわからない迷宮はもう終わる。
だけどここは旅の終わりでない――始まりなのだ。

セシルの足は迷路の様な道筋を辿った先、一つの小部屋へと続く機械扉の前で止まった。
扉の前に立つと、程無くして機械的な音をたてつつ扉が開いた。
セシルは躊躇せずに足を踏みいれた後、すぐに口を開いた。
「カイン」
そして……「彼」――友の名を呼んだ。
「久し振りだな……」
「彼」――カインの返事は返ってくるのには、それから一寸の暇も無かった。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。