変わる世界 交錯する言葉24


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あれからどれくらいの時間が経ったのだろう。まだ自分は生きていた。
誰にも侵されない、自壊することなど有り得ない、そう信じていたものが打ち砕かれてから…
もしかすると、あの時ゴルベーザの一撃をくらいこうやって拘束されることすらも、自分から望んだ
のかもしれない。
それぐらい、聖域が壊れた瞬間の自分は取り乱していたのだろう。
捕らわれた後、彼女はすぐさま、今自分がいる所まで連れてこられた。
最低限の明かりだけの、闇に包まれたかのような無機質な部屋。ここに彼女はずっと閉じ込められている。
自分を此処まで連れてきた張本人――ゴルベーザ達が自分を何に使おうとしているのかは最初分らなかった。
ましてや、自分の信ずる聖域側の人物…であったカインの真意など知りようがなかったのだ…そう最初のうちは…

始めはあまりの衝撃の為、自棄になっており茫然と時間が過ぎていくのを待つのみであった。
助けを求めるような気持ちは微塵も無かった。セシルの事すらも頭に入っていなかったのかもしれない。
普通の人間なら、日に日に衰弱していくであろう。だが、彼女にとっては幸か不幸なのか、このような環境に
身を置かれるのは初めての事ではなかった。
そう……セシルとカインがバロンを発った数日後の事――ミスト壊滅の報、二人の失踪の報、そしてセシルの
謀反の報――様々な事態が同時に彼女に訪れた。それに伴い残された彼女にも沢山の疑いや詮索が向けれた。
結果、自棄を起こして暴論を述べた彼女は、王――今思えば偽物であったのだろう――の逆鱗に触れることになり、
今と同じような監禁状態を迎える事となったのだ。もしシドの助けがなければどうなっていたであろうか。
自棄っぱちのままであっただろう。
そんな経験を思い出し、幸薄い自分の運命を苦笑しつつも、あまり嬉しくない過去の経験を噛みしめながら、
彼女は段々と冷静さを取り戻していったのだ。
……あの時に比べれば、状況は幾分かましだ。
自分は強い女だ。いくら奈落の底に突き落とされようがただでは落ちない。それどころかいつか何度でも、どれだけ
時間をかけようが再び、崖から登りあがる。
自分は強い女だ……彼女にはそういった自身があった。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。