穿つ流星3


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「まさか……メテオか?」
ただならぬ雰囲気を感じ取ったゴルベーザは自分から答えを導き出した。
「しかし、今のお前の体ではメテオを行使できるはずはない!」
珍しくはっきりと否定するゴルベーザ。
「ふ……」
幾度も続いたゴルベーザの指摘も、もはやテラには届いていないようであった。
「分かっているのか? あの魔法は特別なのだぞ! そんなものを使えば!」
黒魔法、白魔法。両者の全ての魔法を含めた中でも格段の破壊力を持つ魔法メテオ――
「構うものかい!」
いつもにまして曇りも淀みも無い口調のテラ。
「あれを食らえばこの体も持たぬかもしれぬ――」
「行くぞ!」
ゴルベーザの言葉の意味をテラはどこまで理解できたのか分からない。
「やらせるか!」
さすがの危機を感じたが、慌てつつも、咄嗟の判断でゴルベーザは攻撃を開始する。
いかにメテオといえど弱点はある。それは詠唱時間に多大な時間がかかる事。
ならばその魔法を行使する対象をつぶしてしまうしかない。
「!」
先程テラの唱えた魔法、火の最上級魔法ファイガをテラへとぶつけるはずだった……
だが、業火の炎はテラに到達する直前にかき消されてしまった。
「障壁……シェルか」
シェル、リフレクのように完全に魔法を返しはしないものの、受けるダメージを大幅に減少させる魔法。
「術者を狙ってくるのは計算通りのようだな……だが」
所詮軽減するに過ぎない、計算通りであっても計画性の無い行動だ。何度も防げるものではないだろう。
構わず魔法を連打する。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。