SubStory 1 継承者の出立3


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ムスターファ! お前も無事だったか」
六十は越しているだろうか。ギルバートに名を呼ばれた老人は、一国の重鎮であろうと推測するに充分な風格を漂わせていた。
「……殿下」
その場で膝をつく老ムスターファ。組んだ指を眉の高さに持ち上げて、恭順の意を表す。動作のひとつひとつに、異様な気迫がみなぎっていた。
「この老いぼれめは、殿下の器量を見誤っておりました。さぞやいままで御不快にあらせられたと存知ます。
 されど──それほどの覇気がおありなら、なにゆえ隠しておられました!
 殿下が御座を省みぬからこそ、兄君がたも!」
(……おじいさん、何で怒ってるの?)
言い回しは理解できずとも異様な空気は察したか、小声で尋ねるリディアに、セシルは黙って首を横に振るしかなかった。
愛する女性の死を前に取り乱しでもしなければ、彼の出自は容易に知れる。今はバロンに弓引く身だと、察してくれなど無体な話。
「ムスターファ……
 まさかお前……僕が?」
「さもなくば、なにゆえ御身は怪我もなく、そうして立っておられるのです!?
 なにゆえ暗黒騎士など、お側に召されているのです!!
 なにゆえ──」
「違う! 彼は……」
「違います、僕は……」
顔を上げ、怒りとも憎しみともつかぬ眼光を向ける老人の誤解を解こうと、遅まきながらセシルとギルバートが声をあげる。
だが最後まで言い終わる前に、抜き放たれた刃を認め、それが逆手に握られていることを見て取り……
「よせ、ムスターファ!」
老人の意図を悟り、反射的にセシルはリディアの顔を手の平で覆った。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。