FF5


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

空が朝日を迎えていた。遠くに見える山と空の境界の色が曖昧になっている。
これから、朝を迎えるのだろうか、夜を迎えるのだろうか、バッツはそんな
ことを自問しながら目を覚ました。
確か――あくまで記憶している限り――最後にある記憶では辺りは暗かった。
今は朝だ、という確信をバッツはもった。
 そして、上半身だけを起こし辺りを見回す。何もない静かな森だった。
辺りは散らかっており、それが自らの疲れを表しているように感じた。
それらを拾い、片付けようと立ち上がる。辺りはひどく歩きづらかったが
すぐになれるだろうと思った。一つの塊がバッツの視界に入りそれが
黄色い鳥だという事に気がついた。
それは、ボコという名前のたいそう大きな鳥で、この旅においてのバッツの
同行者であった。
バッツはボコに声をかけ、ボコは鳥らしいが、体格の通り大きな
声で返した。そして辺りを片付け終わると、朝の食事を取った。
食事のために起こした焚き火はその役目を終えても、バッツとボコの暖となっていた。
しばらくは、その周りで、何もすることがなく時間を過ごした。
その時、辺り一面に轟音が響きあたる。
何事かと思ったバッツとボコはお互いの顔を見つめながら、しばらくは何もしゃべらなかった。
只事ではあるまいとボコも思ったのだろう。
バッツはまとめておいた荷物を手に取ると、いさむようにボコにまたがった。
そして、何秒かの後、ボコが走り出した。
辺りの景色は流れるように消えていき、またすぐに新しい景色が現れ、それら
もすぐに消えていった。
そんなことが続いているうちに水平線から、遠くからでも分かる巨大なふくらみが見えた。
しかし、それはつい最近までその場所にあったとは思えないほど、違和感の大きなものであり、
バッツはそれを隕石と鑑定し、轟音もそれが起こしたものだと結論づけた。
その後もボコに乗ってそれに近づこうとしたが、途中で道が細くなり、
ボコは置いていくこととした。
ボコには心配しないように言っておき、バッツは細い道を下った。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。