絆8


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

王と王妃だったものが行動を停止し地に伏した。
エッジはくないを捨て、拳を地に叩きつける。
「うおおおおおお!」
怒りにまかせ拳を打ちつける。血で手が赤くなるが構わずに続ける。
見守るセシル達もそれをとめようとはしない。
(そっとしておけ)
カインが目でそういったような気がした。
だからセシルも止める気はなかった。ただしばらくは何も考えずにここにいたかった。
「全くルゲイエの奴……」
一同の沈黙を破ったのは思いがけぬ来訪者であった。否、予想していた人物の登場であろうか。
「余計な余興をしおってからに……」
そう言って床に這いつくばるエッジを一瞥する。
「何だ私が負わした傷よりも酷くなっているではないか」
「ルビカンテ! てめえだけは許さねえ! 許さねえぞー!!」
怒りの眼差しでルビカンテを睨むエッジ。
「私に怒りを向ける意味がよくわからぬが?」
あくまで慇懃な対応のルビカンテ。
「先ほどの余興はルゲイエが勝手にやった事だ。その事が気に入らないならば私が彼に代わって謝ろうではないか」
そう言って、エッジに向かって一礼する。
「そういう問題じゃねえ!!」
「ほう……」
「お前とルゲイエだけは許さねえ!!」
「その怪我で戦うというのか? 以前の状態でも私に敗北を喫したのだ。それを無謀と言わずして何という」
「うるせぇ……ゴチャゴチャ言ってんじゃねえ!!」
だがルビカンテは冷静だ。
「空虚だな、今の身体では戦うというのならばこちらから拒否させてもらうぞ」
「なんだと!」
「私は正々堂々と戦いたいのだ。絶対的有利な状況もその逆も勝負事としては全く面白くない。戦いとは常に公平であらねばならん」
「くっ……!?」
エッジの口数が少なくなる。
「言い忘れたが私はお前を評価はしているのだ。私はお前の様な勇気ある者は好きだ。人間というものは基本的に憶病であるからな。例え無謀で
あっても挑戦する。その気慨は大きくかっている。しかしそういった感情に振り回される人間では、完全な強さは手に入らん。 永遠にな……」
話は終わりだとばかりに身を翻すルビカンテ。
「ま……て……」
距離をつめよとするエッジだが怪我がそれを邪魔する。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。