ff6 - 01 narche


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

眼を開けると、枯れたような皮膚をした男が私をうかがっていた。
 天井はほの暗い。それで夜だと分かる。
「ここ…」
 男の深い皺を更に濃く映す、ささやかな灯り。
「…ほう…、あやつりの輪が取れたばかりで、もう…」
 感心する男の声に、不意に不安を感じ、体を起こす。目も覚めるような紅い服が視界に入る。肩口には緑色の髪。
「…私…、」
 思考に触手というものがあれば、今の自分の思考は考えうる四方八方へと、その指を伸ばしていただろう。
 何も分からない。
 分からない、何も知らない。
 必死に記憶をたどるが、手がかりがない。
 頭が痛い。
 どうして。
「思い出せないだろう」
 動悸が早くなり、手で胸元を押さえる私に男が幽かに笑みを漏らす。
「それが操りの輪の力だ。つけている時は、思考できず、記憶できず、言われるままになる。人形になるということだ…」
「何も、思い出せないのも…」
「それも輪の力だ。時間が経てば思い出すだろう。何人か、そういう人間は見たことがあるよ」
 思い出すのだろうか。
「私はジュンと言う。」
 ジュンは穏やかに言った。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。