月へ3


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「あの野郎っ! なんてことをしやがる!」
夜の静けさはあっという間にかき消された。一大事なのだ。ジオットはすぐさま緊急招集をかけて会議室へと
皆を集めた。
「エッジ落ち着いて」
怒りを露わにするエッジをリディアがなだめる。
「でもよっ! 折角一緒に戦う仲間だったのによ……一体どうして」
「だからって……でも……セシル……」
段々を返答に困りセシルに助け舟を出すリディア。
「カインは最初から僕達の敵だったのかもしれない……」
「セシル!」
リディアがセシルを叱咤する。当然だろう。
他人事とはいえ親友にそんな酷い事をいうのは怒って当然だ。
「御免なさいリディア。セシルもショックなのよ」
「分かってるわ、でも……」
ローザが助け舟を出してくれて、リディアも食い下がる。
(ごめんリディア)
声にする力がないので心でリディアに謝罪する。
ローザの言っている事は本当だ。ショックを受けているという事。
しかし、それ以上に他の考えがセシルを支配していた。
おそらくカインはまたゴルベーザに操られたのだ。それはカインの心の何処かに未練があったからではないか?
そして、ゾットでカインが言った言葉。意識はあったのだ――
さっきカインが立ち去る時に言った言葉。俺は正気に戻った――
ゾットでの自分はあくまでカインを助けるつもりで剣を交えた。だが、今回はカインを倒すつもりで剣を交えないと
いけないのかもしれない。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。