ff6 - 02 narche


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 ふっと空気が緩み、その瞬間唐突に、単語が浮かんだ。小さく、刺すような頭痛がした。
「ティナ…」
「うん?」
「私、名前はティナ…」
 ジュンが、優しく笑った。
「強い精神だ。……しまった、もう来たか」
「え?」
 ジュンは自らの肩越しにドアを振り返る。
「招いていない方の客だ」
 思ったより早い、とジュンがつぶやく。
「すまん、少し黙っといてくれ」
 ティナが問うより早く、ジュンが俊敏な動きでドアへ向かい、錠の確認をする。傍の机をドアの前に倒した瞬間、ドアが大きな音で鳴った。
「開けろ!」
「帝国の手先がいるだろう!」
 荒々しい声がドア越しに聞こえ、ティナはベッドから立ち上がる。
「帝国…?」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。