明かされる想い 目覚める力12


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「最後に一つ聞いていいですか?」
「何だ?」
一呼吸おいて尋ねる。
「あなたの弟……そして僕の父であるクルーヤは地球で恋に落ちて子供をもうけた。その内の<一人>が僕であるのは
間違いないですね……?」
「うむ……」
フースーヤにも質問の意図が分かったようだ
「クルーヤは地球で僕以外にも子供をもうけた……そうですよね?」
「否定はせん」
「では……」
続く質問をセシルは止めた。
フースーヤの口調にはその先を言う事を拒むような雰囲気があったからだ。
(今はまだいいだろう……すぐにでも分かるだろう)
自分で得心して質問を変える。
「試練の山で聞こえた声は……あれはやはり」
「間違いない。クルーヤの声だ」
「やはり」
セシルの中で考えがまとまりつつあった。
(あの時、声は言った。自分に力を与える事によって更なる悲しみにつつまれると……しかしそれは必要な事だと……だとすれば)
「急ぎましょう……」
今なら何故、父がクルーヤがこの力を与えてくれたのかが分かったような気がした。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。