ff6 - 09 narche


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「あの…」
「…大丈夫だ」
 男は息を吐いた。何かを決めたように、ティナを見据える。
「俺が守る。記憶がなくても、必ず守る。見捨てたりしない」
 ティナを安心させようとしているというよりは、寧ろ自分に言い聞かせるような口振りだった。
 それでも、ティナはそこに真実を感じて、頷く。
 ティナの反応に、男は満足そうに笑った。
「俺はロック。トレジャーハンターだ」
「…トレジャーハンター?」
「そう。」
 トレジャーハンターって言うんだ、とロックは繰り返す。
 彼は、ティナよりもずっと年上なのだろうが、全く威圧感を感じない。役人や軍人特有のにおいがしないからだろうか。
 落ち着いて周りをよく見ると、洞窟の中らしい。夜だと思ったが、外からの明かりは見えない。
 今は一体何時なんだろう。何度も目覚めたせいで、時間の感覚が曖昧だ。
「ここは?」
「坑道。ティナは多分、ここに繋がる穴に落ちたんだ」
 よく怪我をせずに済んだ、と頭上を見上げた。そこには無音の闇しかない。どれほどの高さだったのだろう。
「ティナ、連れて行きたいとこがある」
 ロックは正面からティナを見ている。意志の強そうな眼だと思った。
「どこへ?」
「フィガロ」
 ロックは、まるで内緒のおまじないを口にする子供のような笑みを、色の薄い唇に乗せた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。