ff6 - 20 memory


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「…フカ・パラッツォ、聞こえますか?分かりますか」
「ここがどこか分かりますか?」
 薄いグリーンのマスクをしたドクター達が、自分を覗き込んでいる。
 ケフカはゆっくりと首を動かす。後頭部に当たるベッドを硬く感じた。
「名前は言えますか?」
「ケフカ・パラッツォ…、ここは、ベクタの、研究所…」
 唇が乾いていて、少し口をあけづらかった。
「大丈夫そうですね、19時24分、意識スケール…」
 部屋の全ての注意は自分に集中している。しかし、どの顔も、ケフカの反応に緊張がほぐれた。成功だろう。
 まぶしい。
 天井の電灯は強力で、自分は被験者である事をやたらと意識させる。
 ケフカは、やや離れて立つシドに気付き、ゆっくり首を向ける。
 ガストラ帝国で、最も有能で権威を持つドクターであるシドは、腕を組み、いつになく気難しい表情をしていた。
「博士、成功ですか?」
 ほぼ確信しながら問う。思いのほか、声は掠れて小さかったが、届いただろう。シドは軽く頷いた。
「…生命を損なわなかったと言う意味ではな。魔導がうまく注入できているか…、それについては、これからの君次第だろう」
 ケフカは、思わず口許に笑みを上らせた。
「ケフカ、まだ時間はかかるぞ」
 シドがケフカを窘めるように言うので、ケフカは苦笑してみせる。
「分かっています。まだ魔導について何も実感できていないし、どうやら体は随分と疲弊しているようだ。」
 腕を持ち上げてみるが、それすらも億劫だった。
 周囲の視線を感じ、そちらにも顔を向ける。帝国に招聘された屈指の科学者たちだ。
「あとは医療チームの皆さんの腕の見せ所かな?」
「また、プレッシャーをお掛けになる」
 笑い声が部屋を満たす。

 この帝国は、魔導で夢を見る。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。