-プロローグ2-


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

4人は王城にて謁見の時間を待っていた。
「何だっていきなり王様に会わなきゃいけないんだ?」
緑の服を着た若者が口を開いた。
「兵士の方はこの石が気になってたみたいね。」
白い法衣をまとった少女が答える。
「この石の秘密、教えてくれるのかなあ・・・。」
黒い衣に身を包んだ少年がぼそりとつぶやいた。
手に持ったその石をじっと見つめている。
突然、青い鎧を身に着けた若者が立ち上がった。
「俺達の番だ!」
兵士が手招きしている。

王の間にたどり着き、その荘厳な扉が音を立てて開く。
その音は、4人の戦士を丁重に迎え入れるかのようだった。
巨大な玉座にたたずむ王の姿が、4人の目に飛び込んできた。
「すっげ・・・」
感嘆の声を上げようとした緑の若者の口を、黒の少年が慌ててふさいだ。

その時、王の第一声が、静まり返った部屋全体に響き渡った。
「よく来てくれた。クリスタルを持つ戦士達よ。」

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。