FF6オープニング:ナルシェ行軍7


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

                    ***

「帝国の魔導アーマー!? とうとうこのナルシェにまで……」
 戒厳令下の都市、外をうろつく者はいない。普段は人々が行き交うこの場所が、
一瞬にして戦場へと変貌する。
 帝国軍魔導アーマー部隊の三人と、炭鉱都市のガード二名が対峙する――ナルシェ
市街地を舞台にした戦いが、静かに幕を開けた。
 しかし、この戦闘が長く続くはずもなかった。数でも劣性だったガード達には敗走の
選択肢さえも与えられなかった。魔導アーマーの放つ強大な力を前に、いくら武装して
いるとはいえ生身の人間などひとたまりもない。
 武器を振るうどころか、叫ぶ間もなく命を落としたガード二名の亡骸は灰となって、
そのままナルシェの雪と混じり合い音もなく消えていった。
 ナルシェでの初めての交戦。その勝利にも三人は特に言葉を交わすこともなく、メイン
ストリートを北上し続けた。
 文字通り、ザコに構う姿勢はなかった。



 二番隊として控えていた男達は、建物の隙間から仲間達の最期をこの目で見届けた。
 魔導アーマーの凄まじい力をまざまざと見せつけられて、本能的な恐怖心から踏み
出そうとする足が震える。
 ――死ぬかも知れない。いいや、確実に……。
 それでも、彼らは戦わなければならない。なぜならば彼らは、選ばれた誇り高きガードで
あるから。
 ふたりは意を決しメインストリートに向けて走り出す。角を曲がり魔導アーマー三体を
視認すると、縛めていたシルバリオを放った。二頭は怯むことなくまっすぐに敵めがけて
突進していった。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。