-プロローグ5-


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ゴブリンを前に戦闘体制に入った4人。
白と黒の前に青と緑が立ち、守りを固める陣形だ。
しかし黒の少年がうずくまっている。

「どうしたの!?」
見ると、法衣の袖から、血が流れている。
「さっきの奇襲でやられたんだろ!俺らがなんとかすっから、
早く治してやれっ!」
群がるゴブリンをなぎ倒しながら、緑の少年が叫んだ。
「わかった!
少し待っててね・・・。」
黒の少年にそういうと、白の少女は目を閉じ、精神の統一を始めた。
そこにすかさずゴブリンがとびかかる。
「はぁっ!」
青の少年の掛け声とともに、
ゴブリンの眼前を一筋の光が駆け抜け、その視界を真っ二つに切り裂いた。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。