一節 新たなる旅立ち1


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カイポに戻ったセシル達は、直ぐにローザを介抱してくれている老夫婦の家へと向かった。
「まさか本当に持ち帰ってくるとは……」
「でもよかった! もうだめかと思ったよ」
老夫婦は少しばかり驚いていたが、明るい表情でセシル達を迎えてくれた。
「ローザはまだ生きて居るんですね」
そんな二人の反応にセシルもほっと胸を撫で下ろした。
もし間に合わなかったら。カイポを出発してからずっと心の何処かで思っていたのだが、その考えはどうやら杞憂に終わったようだ。
「ああ、だが急いでくれ。様態は以前より悪くなっている」
二人の案内でローザの部屋に通される。
「ローザ……」
ローザは以前と同じく、ベットに伏したままであった。
しかし前より顔色は悪くなっており、病状が悪くなっているのは一目瞭然であった。
「すごい熱……」
ローザの額に手をあててリディアが言う。
「昨日から急に熱があがりだしてな、手の施しようもなくなっていた所だったんじゃよ」
「セシル、早くローザさんに砂漠の光を」
ギルバートが言う。
「ああ」
セシルは懐から砂漠の光を取り出す。
「ギルバート、これはどうやって使うんだ?」
手の中で輝くその宝石をもう片方の手で指しながら訪ねる。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。