-プロローグ7-


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

そこはまさにカオスの名にふさわしい、混沌を絵に描いたような場所だった。
神殿に足を踏み入れた瞬間、4人は思わず咳き込んでしまった。
何百年もそこに閉じ込められていたかのような、淀んだ空気が、
動くことなくそこにある。

「ただならぬ雰囲気とはこの事だな・・・。」
「やった、魔物がいない・・・。ガーランドが追っ払ったんだ。
今のうちにお姫様を探そうぜ!」
「だけど、奥にはまだいるかもしれない・・・。」
「待って!あれ・・・。」
白の少女が指差した先には、古ぼけてほとんどまわりの色と同化していたが、
よく見ると立派な構えの扉があった。扉は・・・少し開いている。
「よくあんなのが見つかったな、ここから・・・。」

そのとき黒の少年が4人の頭上を飛ぶ何かに気づいた。
キィ・・・キィ・・・。
「うわっ・・・!コウモリ・・・!」
「そのコウモリ、私たちにガーランドの居場所を
教えようとしてくれてたみたい・・・あの中よ。絶対。」
白の少女ははじめからコウモリの存在に気づいていたようだ。
「そんな、気のせいじゃぁないの?」
「とにかく、相手は敵か味方かわからない。戦闘態勢を保っていこう。
俺が先頭に立つから、みんなは後ろについてくれ。」
4人は青の少年を中心に陣形を張ろうとした。

「誰だっ!!」

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。