一節 新たなる旅立ち13


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

優しく体を揺さぶられ、リディアは目を覚ました。
「リディア……リディア、帰るよ」
「え? あたし、寝ちゃってた?」
誰かが運んでくれたのだろう、箱に被せた毛布の上にリディアは横たわっていた。
瞼をこすってあたりを見ると、アンナどころか他の人も、ほとんど姿を消している。
「だいぶ遅くなったからね。負ぶっていこうか?」
暗い気持ちでリディアは首を横に振った。ものすごい失敗だ。せっかくアンナを見つけたのに、どこに行ったかわからない。いつのまに寝入ってしまったのだろう。
「まだ眠そうだよ、大丈夫?」
この様子だと、ギルバートは絶対気付いてなさそうだ。ここに来てたことだけでも教えあげないと。
「あのね、あたし……」
言いかけたリディアの脳裏に、アンナが見せた最後の笑顔がよみがえる。
唇の前で指を立てた彼女は、淋しそうではなかった。
(ナイショ……なんだ)
理由はわからない。でももしアンナにそのつもりがあったなら、会っていかないはずがない。
「あのさ。また歌ってね。
 あたし、もっとギルバートの歌、聞きたい」
「そうだね。今度は君が起きてる時間に」
子供あつかいされてしまった。頬をふくらせるリディアを見て、ギルバートは楽しそうに笑う。
見上げると、円い月は見たこともないほど高い位置にあった。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。