一節 モンク僧5


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

もう駄目か……ヤンは半ば死を覚悟した。
思えば、自分はモンク僧。国を守る為に日夜修行を重ね、国を守る為戦う。そのためにはこの命など喜んで捨てよう。
ヤンはいつも自分にそう言い聞かせていた。だが、実際に死が自分の近くにやって来ると、やはり恐怖を感じた。
ファブールにいる最愛の妻を思い浮かべた。自分が悲報を聞くと彼女はどんな顔をするだろうか?
やはり悲しみ涙するだろうか。それとも……
そこまでで思考を停めた。どのみちヤンには知ることの出来ぬことであった。
モンスターの鋭い攻撃がくる。これで最期だ……ヤンは確信した。こんな自分を守って死んでいった部下達に詫びをしなければな……
薄れゆく意識の中でそんな事を思った。
「大丈夫ですか!」
その若くも強い声がヤンを現実へと引き戻した。
目の前を見るとそこには漆黒の鎧を身に纏った男が立っていた、
「ここは……」
自分は生きているのか? そんな疑問を抱くヤン。
「詳しい話は後です。それより今は此奴らを何とかしないと」
剣を構えるセシル。
「ローザは治療を!」
「分かったわ」
そう言ってローザは周りの部下達の治療を始める。
「ギルバートとリディアは援護してくれ!」
「うん」
「分かった」
それぞれ戦いの準備に入る。
「私も一緒に戦おう」
そんな彼らを見て、ヤンは傷ついた体に鞭を打ち立ち上がった。
「分かりました。でも無理はしないでください」
「承知した!」
ヤンも戦闘の構えをとる。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。