一節 モンク僧8


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

―――その前にいち早くセシルが前へ飛び出す。
一般の目にはなんとも無謀に映る行為だが、
仮にもバロン王国の屈強な兵士達をまとめあげたほどの力量。
数々の死線をくぐりぬけたその体は、怯む心を押さえつけ、初めの一歩に至らせる。
そして刹那の硬直の間ですら、彼には思考し、判断する為の貴重な猶予。

―――まだだ――間に合う――慎重に―――

ボムが正に限界を示す表情を表した時には、セシルの足はその懐まで距離を詰めていた。
(落ち着け………刺激を出来るだけ与えないように………)
膨れあがる赤球の下腹部辺りに剣を当て、剣の中間に左手を添えた。
そして一気に足を踏み込み―――
「はああああああ!」
遥か上空へ、力任せに押し上げた!
剣にかかる重圧が軽くなったと感じたその直後、
空が白く輝いた。次いでその衝撃が爆音と共に、地上に風圧として伝わる。
空は赤みを帯び、黒みを帯び、やがて元の青を取り戻した。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。