一節 モンク僧10


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

………爆発は、起らない。
ローザはゆっくりと、片方ずつそのまぶたを空けていく。
膨らんだ姿はそのままに、激しく顔をひきつらせているボムの群れ。
視界にばかり向いていた意識を耳に傾けると、美しいハープの音色が心をなでた。
非常にゆっくりとしたテンポから、不意にフォルテの連段へ切り変わる。
不協和音の入り混じったメロディーは、確実にボムに影響をきたしていた。
あれほど肥大していた体は元の大きさよりも更に縮み、
ついにはそのの赤色すら消え、灰色がかったみずぼらしい球体が、地面で佇んでいた。
「ふう」
声のする方角を見ると、ギルバートがその手で汗を拭っていた。

「もうっ、そんなことできるならなんで初めっからしないのよ!」
ギルバートの元へ駆けつけたリディアが、半ば膨れっ面で彼を睨む。
「ごめんごめん。
ぼくのハープはモンスターによって「効く」旋律が違うんだ。
だから最初は一匹で探ってたんだよ。相手を元気づけてしまう旋律もあるし、
ましてや今回はボムだから、下手に刺激すると危ないからね。
それに全体に効果を与えるとなると、集中する時間も必要なんだ。
けどもう少し遅かったら、本当に危なかった。………ごめん」
ギルバートは一通りの弁解の後、急にしんみりして謝った。
リディアはリディアでいたたまれなくなり、「あ…ううん、それなら仕方ないし、ホラ結局はギルバートに助けられたんだし。ね?」
と、何故か慰めることに。
「その通り。あなたがいてくれて良かったわ。ありがとう」
ローザは心から感謝した。
「え、あ、どういたしまして」
と、照れ臭そうにに二人に返事をしたギルバートを尻目に、セシルは一人考えていた。
(おかしい…………)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。