二節 剛の王国19


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 はるか頭上に飛び上がったカインを見上げ、セシルは剣を構えた。
 カインとの一騎打ち。それはセシルにとって、さりとて新しい響きをもたない。
毎日のように剣を交え、誰よりも長く腕を競い合ってきた仲だ。いまさら、である。
 だが、いま彼らの手にあるのは刃を殺した得物ではない。
 親友と命を奪い合う。その冷酷なまぎれもない事実が、徐々に深刻な実感として
セシルに重くのしかかり、彼の兜の内側にひとすじ、隠しきれない汗を伝わせた。
 カインと自分の力量はほとんど互角、しかし疲弊がある分、自分の方が不利と
セシルは踏んだ。お互いの手の内は嫌というほど知り尽くしている。
小手先の競り合いは無用だ。
 最後に勝ったのはどちらだったろうか。セシルは剣先に力を込めた。


「よけろ! セシル殿ッ!!」
 突然ヤンの怒号が走った。
 声に驚き、反射的にセシルは盾を掲げたがその時にはもう遅かった。
 カインは空中で身を翻し、跳躍の勢いを保ったままバネのように天井を蹴ると、
まるで隼のように槍を突き出したまま、一瞬でセシルの胸めがけて急降下してきた。
なんとか盾で槍の軌道をそらすのが精一杯だった。肩の肉を鎧ごとえぐりとられ、
痛みに耐える間もなくそのままカインに蹴りとばされる。
 体勢を整えながら、セシルは先刻までの自分の未熟さを心底呪った。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。