二節 剛の王国22


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「な・・ぜ、だ」
 あり得ない。この至近距離で放ったら、カインの身体が二つに裂けてもおかしく
なかったはずだ。なのに、それどころか。セシルはその瞬間を確かに見た。
自らが放った黒い光がカインに触れたその瞬間、

 突き抜けた。

 愕然として見上げるセシルの腹をカインがしたたかに踏みつけた。
「だから言ったろう」
 カインが顔を近づける。
 歪んだ笑みがそこにあった。
「暗黒剣は、もう飽きたと」

 ズブリ、と音を立ててカインの槍が刺さった。


「・・っ、くっ・・ぅ!」
 鋭い痛みがセシルの全身を走った。抑えきれないうめき声が漏れる。
 耐えられない、まるで肉が焼かれるようだ。しかし抗おうにも、さきほどの
暗黒波の反動で両腕はぴくりとも動かない。
 強すぎる。それに、この歪んだ笑み・・まるで別人だ。
 いったい何があったんだ。悶え苦しむセシルを足蹴にしながら、カインが
再び笑い声を上げた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。