二節 剛の王国23


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「なあ、セシル」
 親しげな声で語りかけてくる。かつて親友として語り合ったときそのままの。
 ただ、その表情だけが壊れていた。
「初めてあった日も」
 ズ・・、と麻縄を絞める様な音をたてて、槍がますます押し入ってくる。
「最後に戦った日も」
 肉が切り裂かれていく。喉の奥から血が溢れてくるのを感じた。
「・・・そして今も」
 ぴた、とカインが槍を押しこむ手を止めた。
「俺とお前の差は変わらない、分かるかセシル?」
 胸ぐらを掴まれ引き寄せられる。朦朧とした意識の中、セシルは彼を睨みつけた。

 ふいにカインの顔から笑みが消えた。
 そして、誰にも聞こえないような小さな声で、カインは囁いた。

「お前は彼女にふさわしくない」
 こぷ、と口から血が溢れてきた。まずい鉄の味がする。セシルは困惑していた。

 彼女? 彼女って・・?

「いま楽にしてやろう」立ち上がり、吐き捨てるように冷たく言い放つ。
「そうはさせん!」
 駆けつけようとするヤンを嘲るように見ながら、またあの狂った表情で、
カインは最後の一押しをしようと、槍の柄に手をかけた。


 だが、その手はそれ以上動かなかった。
 カインは、乱暴な音とともに扉を打ち破ってきた人物を、唖然として見つめていた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。