三節 Two of us1


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ギルバートは逃げ出した。
息を切らし、薄暗い地下道をひた走る。手当てしたばかりの傷が開き、再び血が流れ出すのがわかった。
ファブルール王らはここで追っ手を防いだのだろう、無造作に転がる双方の死体が激闘を物語る。流れ出した体液はまだ乾ききらず、急ぐ足元を滑らせた。
周囲に動くものの姿はない。
死臭に満たされた空気は、ギルバートに故郷を思い出させた。

竜騎士カイン──ミストの惨劇を境に消息を絶った、セシルとローザの幼馴染み。
彼らが友人の名を口にするとき、必ず深い信頼と、その身を案じる響きがあった。
しかしカインは敵として現れ、行く手を阻むセシルを一方的に翻弄した。奥の手である暗黒の力さえ通じなかった。
そして、勝敗が決してからの行動は完全に常軌を逸している。セシルたちから聞いた人物像とあまりにかけ離れていた。
人とも思えぬほどの強さ。かつての友を嬉々としていたぶる残酷さ。今のカインの邪悪さは、ダムシアンを滅ぼしたあの男に酷似している。単なる心変わりでは済まない異常さをギルバートは嗅ぎ取っていた。
もし何らかの手段で操られているのだとしたら──ローザの白魔術でなら、正気に返すことができるかもしれない。ファブール王負傷の報とともに、彼女の居場所も伝えられている。
(何の根拠もない思い付きじゃないか……)
(以前の彼を知りもしないのに)
(余計なことをして、ローザまで危険にさらすだけかもしれない)
(こうしている間に、セシルは殺されてるんじゃないか?)
(自分で立ち向かおうともしないで……)
(結局、ただ逃げ出しただけじゃないのか?)
暗い考えがあとからあとから浮かんできて、ギルバートの足を止めようとした。
けれどそのたびに、背中を押してくれる声もまた、胸の奥に刻まれている。
”……自分を信じるのよ!”
悲しみは少し薄れても、彼女の残した言葉は消えない。己に負けて、立ち止まってしまわなければ。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。