三節 Two of us3


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 地下道を走りながら、ローザは先ほどのギルバートの言葉を反芻していた。
「カインが敵に────!」
 背後を振り返ると、少し遅れてギルバートがリディアの手を引いて走っている。
 ローザは視線を低くしている彼を睨みつけ、彼が顔を上げるとまた前を見据えた。
(────何も知らないくせに!)
 彼女にとって、セシルとカインとの三人の輪は聖域だ。誰にも傷つけられないし、
もちろん内側から破れることなどあるはずもない。そしてそこに土足で入り込んできた
ギルバートは、憎むべき対象だった。
(何かの間違いに決まってるわ)
 仮にギルバートの言っていることが事実なら、それはきっと魔物がカインの姿を
纏っているだけに違いない。たとえ操られようとも、本物のカインがセシルを傷つける
ことなどあるはずがない。自分もセシルも、必ずそうであると断言できる。
 けれど、何かが起こっていることは確かだった。聖域に、大きな危機が迫りつつある
ということを、彼女は直感で感じとっていた。先ほどのギルバートの話に納得しかね
ながらも、彼に従った理由もそこにある。
 自分の目で確かめればいい。地下道を抜けて、閑散とした王の間に躍り出ると、
そのまま彼女はクリスタルルームに走りより、そして息をのんだ。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。