三節 Two of us18


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 ぞわ、とおぞましい寒気が彼らの背筋に走った。
 やはり・・、やはりこの男が黒幕なのだ。
 ダムシアンの虐殺、ホブス山での奇襲、そしてこの襲撃。全ての糸を引いていた者。
それがこうして目の前にいる。彼らのうちに、燃えるような感情が息づきだしていた。
「そして・・」
 だが、当の男はあくまで平然としていた。今のいままで話しかけていたギルバートを
ものともせずに素通りすると、今度は横たわるセシルの前に歩み寄った。
「お前がセシルか・・、私の前任者というわけだな」
「・・貴様が・・ゴルベーザ・・・・!」
 怒りに燃える瞳で、激痛に耐えながら起き上がろうとするセシルを、ゴルベーザはまた
しごくつまらなそうに見下していた。やがて、セシルに向かって手をかざすと、
「お互い積もる話もあるといいたいところだが、・・なにぶん多忙な身でな。
 会えたばかりで残念だが、これが私の挨拶だ」
 淡々とした口調。その言葉が終わるか終わらないうちに、ゴルベーザの掌に、電流の
ようなおびただしい魔力が集まりだした。
「やめてっ!」
「させるか!」
 ローザの叫びと同時に、ヤンが飛びかかっていた。ギルバートも背に傷を負いながら
果敢に立ち向かっていった。ゴルベーザはそれに焦る様子も無く、すっと手を頭上に
かざした。すると、手から広がった魔力が彼の周囲を満たし、まるでバリアーのような
それが、次の瞬間、飛びかかってきた二人を容赦なく焼き焦がした。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。