三節 Two of us22


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「き・・さま、ローザに何をっ・・!!」
「案ずるな、眠らせただけだ。少しばかりお前に興味がわいたのでな、
 是非また会いたい。この女はその約束の証と思え。
 ・・行くぞ、カイン」
 分厚い甲冑の内側で冷酷な笑みを浮かべると、ゴルベーザはローザを抱きかかえ、
悠然と去ってゆく。
「・・待・・て」
 セシルはその後を追おうと、フラつきながらも杖にしていた槍を構えたが、
「おい」
 背後に、いつの間にかクリスタルを手に取ったカインがいた。彼は槍を掴むや否や、
セシルの胸に思うさま拳を叩き付けた。
「ぐあっ!」
「返してもらうぜ」
 セシルがリディアの側に倒れ込む。震えながら成りゆきを見ていたリディアは我に返り
セシルの頭を支えると、キッとカインを睨みつけた。カインは無表情のままリディアに
一瞥をくれると、再びセシルのもとから去っていった。

「・・命拾いしたな、セシル」

 やがて足音が遠ざかると、再びあたりを沈黙が支配する。
 セシルの苦しそうな呼吸の音だけが、それを乱していた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。