三節 Two of us26


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「あ、あたしみんなを呼んでくるね」

 ようやく泣き止んだリディアは、照れているのか、顔を赤くしながらそういうと
足早に部屋を出て行ってしまった。その後ろ姿を見送ってから、セシルはまた身体を
横たえた。


(本当に・・、ありがとう。リディア)

 そしてまた、セシルはそっと目を閉じた。









(・・懐かしい夢だったな)

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。