三節 Two of us27


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「セシル!」
「やあ、意識が戻られたか!」
 まもなくリディアに連れられて、嬉しそうな顔の二人があらわれた。他にも何人か、
話を聞きつけた者達がかわるがわるやってきては部屋を覗き込み、セシルの無事を
確認するとほっとした様子で顔を引っ込めた。
「一時はどうなることかと思いましたぞ」
「これもリディアのおかげだね」
 ギルバートの賞賛にリディアがまた顔を赤く染めて、照れくさそうに笑った。
「なにしろ昨日からずっと看病し通しだったんだから、感謝しておきなよセシル」
「ありがとうリディア・・そうか、あれからもう丸一日・・」
「まあなんにせよ、無事で良かった」
 そういって愉快そうに笑うと、ヤンはふと厳格な表情をつくった。
「・・これでようやく話も出来るというもの」
 顔を寄せながら、ギルバートもうなずく。
「ローザを助けなければ・・!」
「もとより、クリスタルも取り戻さねばならん」
 二人の真剣な視線がセシルに注がれる。セシルも身体を起こし、二人に向き直った。
「わかっている。だけど、悔しいがいまの僕たちにはバロンと対抗するすべが無い。
どうしても飛空艇を手に入れなくてはならないと思う。だが、飛空艇はバロンでしか
造ることが出来ない」
「ということは、バロンに侵入するわけか?」
「しかし、どうやって・・?」
「・・バロンは赤い翼に主力を置いている。その分、比較的に陸海軍が手薄だ。
 侵入するならば、海からしかないだろう」
「だったら船がいるわ!」
 リディアも負けじと話に加わる。ヤンがすこし考えこんでから口を開いた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。