三節 Two of us28


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「・・ならば明朝にでも王にお頼みして船を出していただこう。
 幸い、赤い翼の砲撃を逃れた船が何隻かあったはずだ」
「しかし・・、復興のただ中に船を借りるなど」
「なに、そなたたちにはまこと世話になった。王もこれくらいの援助は惜しまれぬはず。
 むしろ、これくらいはさせてもらわねば、面子が立たぬと言うものよ」
 ヤンの珍しい軽口に、みなが笑った。
 それからすこし間を置いて、またヤンが口を開く。
「あの竜騎士は・・?」
「・・彼は、カインは・・バロン竜騎士団の団長で、僕の親友・・・・だった。
 共にバロンを抜けようと誓ったのに・・」
「そうであったか・・」
「・・・・どうして、なんだろう・・。信じていたのに。他の、誰よりも・・」
 悲痛な表情になるセシルに、ヤンは言葉に詰まってしまう。
「でも」
 ポツリ、とこぼれた声に皆が顔を向けた。
 声の主は、リディアだった。
「・・え?」
「え・・あ、あのそうじゃなくて・・・セシル、もう休んだ方がいいわよ!」
「そんな、平気だよリディア」
「だめよ! 怪我人のくせに何いってんの!」
「いや・・ほんとに、もう」
「セシル」
 ぽん、とセシルの肩を叩きながら、ギルバートが揶揄するように指を立てて言った。
「医者の言うことは素直に聞くものだよ」

 結局その言葉で、話し合いは終わってしまった。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。