三節 Two of us30


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 セシルはその思いよらぬ口調の強さにのけぞった。

 セシルは覚えていないだろうが、リディアは彼のある言葉を忠実に守ろうとしていた
だったバロンの襲撃の前に、セシルが短く言い残したひとこと。

「リディア、ローザを頼むよ!」

 もちろんセシルは、本気で彼女に恋人を守ってもらおうなどと思ってそう言ったわけ
ではない。ただ単に、彼女の安全を優先するため、ローザの近くにいろ、と。彼女が従い
やすいように言葉を選んだつもりにすぎない。
 だが、幼く純朴なリディアはそうは受け取らなかった。その言葉は彼女に強い責任感を
植え付け、そして目の前にいながらローザを奪われてしまった今、彼女を大きな無力感と
悔恨の鎖で締め付けていた。
 その罪を償うため、今の彼女にできるのは、セシルの傷を癒すことだけだった。
 本来ならばそこにいるはずの、ローザの代わりに。

 セシルも彼女の瞳から、意地を張っているだけではない真摯な決意の色を感じ取り、
しかたなく息をついた。
「・・わかったよ、リディア。君に任せるよ。
 だけど約束してくれ。もうエーテルは飲まない、と」
「わかったわ」
「・・リディア」
「・・・」
「ありがとう」

 優しくリディアの肩を叩くと、再びセシルは傷ついた身体を横たえた。ややあって、
静かな寝息が聞こえてはじめた。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。