三節 Two of us31


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 ふいにリディアは涙を流した。
 ありがとう、セシルのその言葉が、リディアの心に穏やかな波紋をもたらしていた。
 彼女は嬉しかったのだ。

(ごめんなさい・・)
 あのとき、自分は黙って見過ごしていた。偉そうなことを言って、強引にギルバートに
ついてきたくせに、何も出来なかった。怖かったのだ、あたしは臆病者なんだ。
 そのくせ、今こうして彼女の場所に・・、そう、セシルの側にいて、彼を独占していることが嬉しかったのだ。たまらなく。それどころか、そこはもともと自分の場所だった
のだから、とすら考えている。臆病なだけではない、あたしは卑怯者だ。
(ごめんなさい・・)
 リディアは溢れ出る涙を拭いながら、声を抑えてセシルの胸に手をかざし続けた。
 懸命に手先だけに意識を集中しようとしたが、涙はいつまでたっても止まらなかった。



(今・・何時かな)
 いつしか涙は薄れ、泣きはらした目の赤みも消えたころ、ふとリディアはうとうと
しかけた頭を振り払い、ぼんやりと思った。
 暗闇の中、見えるわけもない時計の姿を探してみる。そういえばこの部屋には時計
なんてなかった、そう気づくまでにも随分と時間がかかった。
 セシルが寝入ったのが夕暮れ時、それからゆうに6時間ほどが過ぎている。いい加減で
眠気もピークに達し、先ほどから睡魔が彼女の頭をコツコツと小突いていた。
(・・顔でも洗ってこようかな)
 フラフラとおぼつかない足取りで、リディアは椅子から立ち上がった。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。