三節 Two of us36


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 突然、王は高らかに笑い出した。

 ヤンをはじめ、呆気にとられている面々に、やがて王は向き直って笑いかけた。
「はっは、いやすまぬ、すまぬな。許せよヤン。
 ぬしのような貴重な人材がいなくなるというのは、薄情な話ではないかと思ってな。
少しばかりおぬしをからかってみたくなっただけよ」
「・・は?」
「ヤンよ、ぬしの気負いはしかと見届けた。セシル殿の荷物とならぬようにな」
「・・! かたじけのうございます」
「よい、よい。もとよりおぬしの気質は把握しておる。
 そう言いだすことだろうと思って、既に細君には旅立ちの旨、伝えておいたぞ」
「まっ、まことですか!?」
「ぬしはとんだ甲斐性なしだと腹を立てておったぞ。早く会いにいってやるがよい。
 そうだ、ウェッジにもな。ぬしがいなくなれば、彼奴もひどく寂しがるであろう」
「ハッ! ・・陛下、まことに、まことに・・!」
 ひれ伏すヤンの声は、言葉にならなかった。目の前の老王の度量、その部下を知り
尽くした寛大さ。それを受けて、感動に打ち震えるヤンの後ろ姿を見て、セシルは深い
感銘を覚えていた。ヤンと同じく、国に仕える身分であった彼には、その光景の美しさが
我が身のようによくわかった。

 そして、それが失ってしまったいまの祖国が、いっそう哀しかった。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。