三節 Two of us37


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「・・本当によかったのかい、ヤン?」
 会見を終えて、セシルはヤンに尋ねた。また自分に無関係だった人間を巻き込んで
しまったことを気にかけているのだ。不安そうな彼に、ヤンは顔をしかめて答えた。
「ご迷惑だったかな?」
「まさか! そんな、大歓迎だよ・・ただ・・!」
 慌てて首を振るセシルに顔を緩ませ、ヤンが力強く彼の手を握りしめた。
「セシル殿。無用な気遣いなどいらぬ、これは私の決めたこと。私はそなたの内に秘め
られた何かにかけてみたいのだ。不肖だがこの命、そなたに預けさせてくれぬか・・!」
「・・ヤン、・・・・ありがとう」
「よろしく頼むよ、ヤン!」
「これからもよろしくね!」
 ギルバートとリディアも横から手を加えた。彼らはお互いの結束を確かめ合うように、
重ね合わせた手とそれぞれの顔を見渡しながら笑った。

「船の準備に半日ほどかかろう。出発は明朝だ。
 今日はゆっくりと、この国での最後の日を過ごしてくれ」
 そういうと、ヤンは急にそわそわとした様子で手を引く。
「えー、それでは、なんだ・・その、うむ。私はちょっと、ヤボ用があるので・・
 それではまた、明朝に・・うむ」
 言うが早いが脱兎のごとく、ヤンは回廊を走り去っていってしまった。

「どんな奥さんなのかしら」
 そういいながらクスクスと笑うリディアに、残りの二人も苦笑してあわれな恐妻家の
背中を見送った。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。