FINAL FANTASY IV プロローグ3


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「陛下!」
踵を返し、奥へ下がる王へセシルは追いすがる。
しかし、近衛兵のトライデントがその行く先を塞ぐ。
その姿を見ようともせず、バロン王は冷徹に言い放った。

「飛空挺部隊長の任に替わり、幻獣討伐の任に着け! それを終えるまで私の面前に立つことは許さん。下がれ!」

「陛下……!」
うなだれるセシル。

「お待ち下さい!」
そこに、青紫がかった甲冑を身に纏った青年が駆け込んできた。
バロン王は振り返り、彼を一瞥する。
「竜騎士団隊長、カインか。ふん、こ奴が気掛かりなら、お前もセシルと共に行くがいい!」
意にも介さず、再び彼らに背を向けるバロン王。

「陛下!」
「最早話すことなど無い。早々に立ち去るがいい。」
そう言い残すと、クリスタルを抱えたバロン王は玉座の奥へと姿を消した。

「陛下……」
セシルとカイン、二人の元騎士団長は、茫然とそこに立ち尽くすだけだった……。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。